B型肝炎の相談

お腹に子供B型肝炎の感染者は日本にたくさんいます。その大部分は高齢者です。その理由は過去に日本でB型肝炎の感染者を多数出すことになった原因があるからです。それは集団予防接種であり、かつては使いまわされていた注射器が利用されていたため、それによってB型肝炎が蔓延してしまったのです。B型肝炎は母子感染するという特徴があるため、水平感染と垂直感染が起きてしまい、どんどん感染者を増やすことになりました。その結果として、今でも苦しんでいる人がいます。

B型肝炎の感染者が出てしまったのは国の指導がしっかりとしていなかったためです。そのため、現在、B型肝炎の患者に対して給付金を支払うことになっています。過去に集団予防接種を原因として感染した人や母子感染した人、それらの遺族を対象としています。給付金を請求することによって、要件を満たしていれば支払われるようになっています。

ただし、B型肝炎の給付金というのは申請をして受け取るというものではありません。一度訴訟をしなければいけないのです。そして裁判所の判断によって給付金を支給してもらえる要件を満たしていると判断されれば、実際にお金を受け取ることができるのです。この給付金請求については弁護士に依頼することが多いです。その際にはまず相談をすることになります。その相談料が気になる方は多いでしょう。相談料を含めて弁護士に相談をする際のポイントについて紹介しましょう。ぜひとも参考にしてください。

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

loading
×